読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓬莱の猫

好き勝手書くだけだよん

夢の中で懐かしい声を聞いた。

誰だったのかもう思い出せない。

夢の中身はいつだって手から零れ落ちていく。